口頭発表プログラム

中央館213 10:00-11:35

研究発表【人格・臨床・産業 213AM】

座長: 大浦 真一・磯和 壮太朗

 

10:00-  Sense of Coherenceとストレス事態への意味づけとの関係

○磯和 壮太朗

 今井田 貴裕     甲南大学大学院人文科学研究科

 福井 義一      甲南大学

 

10:15-  大学生における対人ストレス認知にもたらす影響

     -自己受容と他者受容の観点から-

○中濵 翔       帝塚山大学大学院心理科学研究科

 奥村 由美子     帝塚山大学心理学部

 河越 隼人      帝塚山大学心理学部

 

10:30-  新人指導に適する看護師の資質の検討

―指導者は有能で心身が健康なのか?―

○今井田 真実     市立芦屋病院

 今井田 貴裕     甲南大学大学院人文科学研究科

 福井 義一      甲南大学

 

10:45-  若年労働者の社会的困窮場面における援助要請意図および関連要因の検討

○山本 謙治      神戸大学大学院人間発達環境学研究科

 齊藤 誠一      神戸大学大学院人間発達環境学研究科

 

11:00-  幼少期の両親との身体接触の頻度と質によるタッピングタッチの効果の違い

○大浦 真一      東海学院大学

 福井 義一      甲南大学

 

11:15-   全体討論

 

中央館215  10:00-11:45

研究発表【社会・文化 215AM】

座長: 岡村 季光・田端 拓哉

 

10:00-  自己防衛的補償としてのノスタルジア

○田端 拓哉    大阪市立大学大学院文学研究科都市文化研究センター

 池上 知子    大阪市立大学大学院文学研究科

 

10:15-  集団における文理の構成比が課題遂行に及ぼす影響

○土田 愛花    奈良女子大学文学部

 中山 満子    奈良女子大学文学部

 

10:30-  日本語版包括的・短縮版スライビング尺度(CIT・BIT)

―大学生を対象とした尺度の信頼性と妥当性の検討―

○水谷 聡秀    関西大学社会学部

 吉津 潤     関西大学社会学部

 塩野 綾香    関西大学大学院心理学研究科

 雨宮 俊彦    関西大学社会学部

 

10:45-  アイデンティティと職業未決定の関係

―日中比較から着目する―

○王 思      立命館大学人間科学研究科

 陳 暁雪     立命館大学人間科学研究科

 

11:00-  趣味の機能とギャンブルの機能

○破田野 智己   立命館大学人間科学研究所

 

11:15-  自己-他者関係及び特性的自己効力感が現在の居場所感に及ぼす影響

―自分ひとり,新旧友人関係への安心感を手がかりに―

○岡村 季光   奈良学園大学人間教育学部

 

11:30-   全体討論

 

中央館315  10:00-11:35

研究発表【情動・動機づけ 315AM】

座長: 白井 理沙子・福井 義一

 

10:00-  夏休みの宿題への取り組み方は将来の成功を予測するか?

―大学生を対象とした回顧的研究―

○福井 義一      甲南大学

 

10:15-   劣等感とシャーデンフロイデの組み合わせの特徴

―妬みと同情を媒介変数としたモデルを適用して―

〇片岡 春奈      

 大浦 真一      東海学院大学

 松尾 和弥      甲南大学大学院人文科学研究科

 福井 義一      甲南大学

 

10:30-  現実的・非現実イベントにより喚起される感動の効果の差異

―感動体験効果測定尺度開発の試み―

○櫃割 仁平      京都大学教育学研究科

 田爪 宏二      京都教育大学教育学科

 

10:45-  皮膚関連傷病のプライミングが集合体画像の評価に及ぼす影響

○白井 理沙子     関西学院大学大学院文学研究科

            日本学術振興会

 小川 洋和      関西学院大学文学部

 

11:00-  向社会的活動への参加意向に幼稚園でのPTA活動経験が及ぼす影響

○村田 麗帆      奈良女子大学人間文化研究科

 中山 満子      奈良女子大学文学部奈良女子大学文学部

 

11:15-   全体討論

 

中央館316  10:00-11:45

研究発表【記憶・言語・思考 316AM】

座長: 豊田 弘司・上北 朋子

 

10:00-  物語の記憶に与える誘導情報の効果

○上北 朋子      京都橘大学健康科学部心理学科

 杉浦 咲       京都橘大学健康科学部心理学科

 

10:15-  日本語二項構文の処理特性について

―格助詞と語の共起の影響―

○向野下 紋香     奈良女子大学大学院人間文化研究科

 

10:30-  促進予防焦点尺度と再認成績との関係について

○金敷 大之      甲子園大学心理学部

 

10:45-  画面で読み聞かせた絵本の理解における誤信念理解と類推(IV)

○光田 基郎      ノースアジア大学経済学部

 

11:00-  児童の意図記憶における分散効果

―内的連想反応と表記形態に関する検討―

○平田 卓史      奈良教育大学教育学研究科

 豊田 弘司      奈良教育大学

 

11:15-  偶発記憶に及ぼす想起事象の組合せ効果

―未来-過去と過去-未来事象処理の比較―

○豊田 弘司      奈良教育大学

 

11:30-   全体討論

 

中央館213  16:15-18:00

研究発表【社会・臨床 213PM】

座長: 鈴木 文子・小林 光栄

 

16:15-  被拒絶感と過剰適応の関連

―社会的スキルの観点から―

○小林 光栄      帝塚山大学大学院心理科学研究科

 大久保 純一郎    帝塚山大学心理学部

 

16:30-   マスメディアとTwitter上の情報への評価

○鈴木 千晴      ECC国際外語専門学校

 中山 満子      奈良女子大学文学部

 

16:45-  日常場面におけるストレス状態と期待される共感的コミュニケーションの関連

○志岐 亜里沙     帝塚山大学大学院心理科学研究科

 河越 隼人      帝塚山大学

 

17:00-  同性愛者をめぐる葛藤場面での対処行動

―社会状況および友人の態度による調整効果―

○鈴木 文子      公益社団法人 国際経済労働研究所

 池上 知子      大阪市立大学

 

17:15-  SNSにおける情報の内容属性が拡散動機に及ぼす影響

○林 栄里香      京都橘大学健康科学部

 前田 洋光      京都橘大学健康科学部

 

17:30-  Web 上におけるくちコミの量とタイプが情報過負荷の発生と購買意思決定に及ぼす影響

○吉岡 千咲      京都橘大学健康科学部

 前田 洋光      京都橘大学健康科学部

 

17:45-   全体討論

 

中央館215  16:15-17:50

研究発表【臨床 215PM】

座長: 中谷 智美・松尾 和弥

 

16:15-   反芻・省察傾向による睡眠状態への影響に関する研究

〇深山 葉月      帝塚山大学大学院心理科学研究科

 河越 隼人      帝塚山大学

 

16:30-  小児期逆境経験と愛着スタイル,表情変化の感受性の関連

○松尾 和弥      甲南大学大学院人文科学研究科

            日本学術振興会

 福井 義一      甲南大学

 

16:45-  催眠に対する態度が催眠感受性に及ぼす影響における病的解離傾向の調整効果

○中谷 智美      甲南大学大学院人文科学研究科

 大浦 真一      東海学院大学

 今井田 貴裕     甲南大学大学院人文科学研究科

 福井 義一      甲南大学

 

17:00-  故意に自分を傷つける行動は否定的な自己と過去に規定されるのか?

―非臨床群における心理的特徴―

○今井田 貴裕     甲南大学人文科学研究科

 福井 義一      甲南大学

 

17:15-  筆記による自己開示が精神的健康に及ぼす影響の検討

―愛着スタイルとの関連―

○山下 純子      帝塚山大学大学院心理科学研究科

 大久保 純一郎    帝塚山大学心理学部

 

17:30-   全体討論

 

中央館315  16:15-18:00

研究発表【生理・知覚・認知 315PM】

座長: 竹澤 智美・三島 利江子

 

16:15-  自律神経活動から見るEMDR

―安全な(落ち着く)場所のエクササイズについて―

○三島 利江子     甲南大学大学院人文科学研究科

 

16:30-  中性的な顔は丸に接すれば女性に,四角に接すれば男性に見えてくる

○岡村 靖人      追手門学院大学大学院心理学研究科

 日本学術振興会

 浦 光博       追手門学院大学心理学部

 

16:45-  視覚刺激の高低と発声反応ピッチの高低における刺激反応適合性効果

○鈴木 悠介      立命館大学 総合心理学部

 永井 聖剛      立命館大学 総合心理学部

 

17:00-  明度知覚と形状知覚での異なる照明表象処理過程

○小林 勇輝      大阪大学大学院人間科学研究科

            日本学術振興会

 森川 和則      日本学術振興会

 

17:15-  額の左側(Fp1)の積分筋電位と積分脳波(α+Θ)は右側(Fp2)より強い(2)

○三谷 惠一      岡山大学名誉教授

            環太平洋大学名誉教授

 

17:30-  写真の人物の身長は身体部位の見え方で変わる

―大きさの知覚の介在を仮定した回帰式による検証―

○竹澤 智美      立命館大学人間科学研究所

 

17:45-   全体討論

 

中央館316  16:15-18:00

研究発表【認知・学習・行動 316PM】

座長: 堀田 崇・佐伯 大輔

 

16:15-  ハトにおけるリスク選択

―体重レベルと経済環境の効果―

○佐伯 大輔       大阪市立大学大学院文学研究科

 

16:30-  キリン(Giraffa camelopardalis)は自分が「知らない」ことを知っているのか?

―キリンにおける情報希求行動の生起について―

○若園 誠        京都大学文学部

 山梨 裕美       京都市動物園生き物・学び・研究センター

 Zsofia Budai       京都大学大学院文学研究科

 黒島 妃香       京都大学大学院文学研究科

 岩崎 純衣       金沢大学子どものこころの発達研究センター

 田中 正之       京都市動物園生き物・学び・研究センター

 藤田 和生       京都大学大学院文学研究科

 

16:45-  イヌにおける第三者評価

―イヌは飼い主をなぐさめる人を好むのか?

○小原 嵐        京都大学大学院文学研究科

 千々岩 眸       京都大学大学院文学研究科

 堀 裕亮        京都大学大学院文学研究科

 藤田 和生       京都大学大学院文学研究科

 黒島 妃香       京都大学大学院文学研究科

 

17:00-  一般化対応法則を用いたルール支配行動の分析

○中村 敏        大阪市立大学文学研究科

 佐伯 大輔       大阪市立大学文学研究科

 

17:15-  読み方向のプライミングが単語の並列処理を促進する

○小林 穂波       関西学院大学文学研究科

 小川 洋和       関西学院大学文学部

 

17:30-  ホンソメワケベラはヒトの顔を識別できるのか?

○堀田 崇        京都大学大学院文学研究科

             大阪市立大学大学院理学研究科

             日本学術振興会

 黒島 妃香       京都大学大学院文学研究科

 幸田 正典       大阪市立大学大学院理学研究科

 

17:45-   全体討論

 
 
 
 
 
 
 
 

関西心理学会第131回大会準備委員会
 (参加・発表申込:
kanshin.daikyo+apply@gmail.com)

 (その他お問い合わせ:kanshin.daikyo@gmail.com) 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now